Origin 2017 新機能概要

最新版のOrigin 2017では、Origin Centralという新しいスタートアップダイアログから、新規のワークブックや行列を自由に作成出来、グラフや分析のサンプルへのアクセスやヘルプページ/チュートリアルページへの移動もここから簡単に行えるように機能を集約しました。

グラフ作成の面では、新規グラフ形式、3D棒グラフの形状、アノテーション改良や地質学向けパターンなど、ユーザ様からのご要望を反映した形で多数追加されています。 詳しくは、以下の新機能・改善点の各項目をご覧ください。

Oigin2017新機能ハイライトの動画は次の画像をクリックしてご覧ください

    動画再生

使いやすさの向上

  • 「Origin Central」スタートアップダイアログ
  • 大きなグラフアイコンの新たな作図メニュー
  • Excelと同じ形式で参照する列やセルを指定する

詳細は「使いやすさの向上」ページへ


グラフ作成・編集

  • トレリス(格子状)プロットの追加
  • 3D積上げ棒グラフ、100%積上げ棒グラフの新形状のサポート
  • グラフ アノテーションツールの改良
  • ボックスチャートの機能を拡充(統計棒グラフ、同種ポイントの接続線)
  • ハッチングパターンの拡充(地質学向けパターン)
  • その他多くのグラフの改良(リファレンスラインとリセッションバーの追加など)

詳細は「グラフ作成・編集」ページへ

 

分析機能

  • さらにフィット関数を追加
  • フィット関数ビルダーで、パラメータの初期化式をドロップダウンリストから選択
  • 二元配置ANOVAでの平均値プロットをサポート
  • バッチピーク分析においてパラメータ初期化を順次行うことが可能

詳細は「分析機能」ページへ

 


プログラミング

  • JavaScriptによるHTMLダイアログ
  • Mathematica V8以降との通信
  • フルNAG Mark 25ライブラリのサポート

詳細は「プログラミング」ページへ

 

アプリ

  • アプリギャラリータブの追加
  • Origin2017専用最新アプリ

詳細は「アプリ」ページへ