Originのライセンスについて

Originのライセンスには下記の種類があります。
※ライセンスの種類が改定されました。(2015年5月)

ライトストーンには、開発元のOriginLab社から正式に認定を受けたOriginトレーナーが6名在籍しておりますので、 安心してOriginをご利用いただけます。お客様に最適なライセンスについても、お気軽にご相談ください。

Origin認定トレーナーのリスト(開発元のページ)

Originのライセンスの種類

  • ライセンスファイル
  • ネットワークライセンス(同時起動)

それぞれのライセンスに、一般企業向け、政府機関向け、教育機関向け(アカデミック版)があります。

また、教育機関向け(アカデミック版)には大規模利用のための下記のライセンス形態もご用意しております。

  • 研究室用ライセンス(使用期限2年)
    ※研究室用ライセンスについてはこちらのページをご覧ください。
  • 教室/研究室用ライセンス(年次更新タイプ)
  • 学部/学科ライセンス(100人まで)
  • 研究所ライセンス(500人まで)
  • 大学ライセンス(1000人まで)
    ※研究室用ライセンス以外の大規模ライセンスについてはこちらのページをご覧ください。

また、現在Originには各ライセンスに対して、「1年間のメンテナンス」が付与されており、 下記のサービスを受けることができます。

  • 追加のライセンス
  • 自動アップグレード

メンテナンスについての詳細情報は、こちらをご覧下さい。

各ライセンスの特徴

Originには、ライセンスファイル版ネットワーク同時起動版があります。

ライセンスファイル版

ライセンスファイル版は1ライセンスにつき、1台のPCにOriginをインストールしてお使いいただけます。 初回設定時にライセンスファイルの認証作業を行っていただくことで、Originを起動することができるようになります。 個人利用や固定のPCでのご利用の場合にはライセンスファイル版がお勧めです。

※ライセンスを複数ご購入の場合、ご購入いただいたライセンス数のPCを1つのシリアル番号で管理できる 「マルチシート」をご選択することも可能です。

1年ライセンス:ライセンスファイル版にのみ使用期限が1年間のライセンスがございます。この1年ライセンスは期限の延長はできません。期限切れ後も利用したい場合は新規でライセンスをご購入いただく必要があります。

ネットワーク同時起動

ネットワーク同時起動版はLAN上の1台のPCにライセンス管理プログラムをインストールし、 同時に起動するOriginの数を監視します。そのため、OriginをインストールするすべてのPCはネットワークに 接続している必要があります。
Originのインストールは無制限に行うことができますが、同時に起動できる台数は購入いただいたライセンス数に限られます。Originの利用頻度は高くないが、多くの方がOriginを利用する機会があるという場合には、ネットワーク同時起動版がお勧めです。

ネットワーク同時起動についての詳細情報は、こちらをご覧下さい。

 

お問い合わせ

その他のライセンス形態についてはお気軽にお問合せページのフォーム「価格・見積・購入・その他についてのお問合せ」より営業までお問い合わせください。