TOP ▲

Surfer

Surferは強力で柔軟、使いやすい等高線、3Dサーフェスマッピングのパッケージソフトウェアです。操作は簡単で、ストレスなくプレゼンテーション品質のマップを作成できます。また、様々なWMS(Web Map Service)から地図を直接ダウンロードすることもできます。

 

Surferのスタートガイドはこちら

プロフェッショナルなマップの作製

Surferで高品質な等高線やサーフェスマップを作成すれば、複雑な空間データを可視化し、同僚やクライアントに伝えることができます。

多次元データのモデル

Surferの3Dモデリング機能を使えば、データを多角的にモデルしたり分析できます。3Dマップを使えばデータのパターンと傾向を確認できます。

マップとモデルの編集

Surferには様々な編集オプションが備わっています。作成したマップに経緯線網を表示したり、傾斜や回転などの操作も簡単に行えます。

  • 凡例、プロファイル、拡大図、スケールバー、複数軸の追加
  • 線形または対数のカラースケールを適用
  • 傾斜、回転、視野角の調整
  • 全ての軸パラメータの編集
  • 経緯線網や他のグリッドを含める
  • 複数のマップの結合や積み重ね
  • 線のスタイルやシンボルをカスタムする
  • テキスト、ポリライン、多角形、シンボル、スプライン線の追加

ジオプロセスツール

Surferのジオプロセスツールを使用すると、興味のある領域を絞りこんだり、重要な交差域をハイライトしたり、数値計算をすることができます。

  • ポリラインやポリゴン、グリッドの形状変更、簡素化、平滑化
  • ポイント、ポリライン、ポリゴン周囲へのバッファ (緩衝領域) の作成
  • ポリラインとポリゴンの相互変換
  • ポリゴンの結合によりポリゴンを作成
  • 交差領域にポイントやポリゴンを作成
  • ポリラインの接続と切断
  • 島の結合と分割

全ての座標系とシームレスな取り扱い

Suferは、参照されないデータや異なる/複数の座標系で構成されるデータを簡単に取り扱えます。

  • 2500を超える定義済み座標系
  • カスタム座標系の作成
  • 名前またはEPSG番号で座標系を検索
  • 80以上の楕円体(Ellipsoid)
  • 45以上の定義済み線形単位
  • カスタム線形単位の作成
  • 経緯線網またはグリッド線を追加してマップ上に異なる座標系を表示

オンラインデータへのアクセス

Surferは、公的あるいは私的Web Map Service (WMS)などから素早くマップやグリッドのダウンロードを行います。

グリッド作成機能


Surferは、数多くのグリッド作成手法と、補間機能を提供しています。等間隔および不等間隔データを素早く補間して高精度なマップ作製を行えます。

    グリッド作成手法
  • Inverse Distance(逆距離)
  • Kriging(クリキング)
  • Minimum Curvature(最小曲率)
  • Polynomial Regression(多項式回帰)
  • Triangulation with Linear Interpolation(線形補間三角法)
  • Nearest Neighbor(最近傍)
  • Modified Shepard’s Method(修正シェパード法)
  • Radial Basis Function(放射基底関数)
  • Natural Neighbor(自然近傍法)
  • Moving Average(移動平均)
  • Data Metrics(データメトリクス)
  • Local Polynomial(部分多項式)
    補間機能
  • Variogram models(バリオグラムモデル)
  • Anisotropy(異方性)
  • Faults and breaklines(断層および破断線)
  • Control over search neighborhood size, shape, and constraints
  • Data filtering(データフィルタリング)
  • Automatic data statistics(自動データ統計)
  • Grid to convex hull(凸包にグリッド)
  • Duplicate handling(重複の扱い)
  • Cross validation(交差検証)
  • Control over output geometry and resolution(形状と解像度の管理)
  • Limit or clamp z-values(Z値限界または固定)

グリッドの編集機能

SurferのGrid Editorを使えばグリッドの編集が簡単にできます。また、平滑化やフィルタ、グリッドの変換といった編集機能を使用できます。

  • スプラインスムージングでグリッドを平滑化
  • ハイパスおよびローパスフィルタによるグリッドをフィルタ
  • 座標系の変換
  • 複数のグリッドのモザイクを作成
  • グリッドからさらに小さい領域を抽出
  • 領域をデータなしに変換
  • グリッドの追加/除去
  • グリッドの乗除
  • グリッドに数学的処理を実行
  • グリッドの体積および面積を計算
  • グリッドの変換、オフセット、再スケール、回転、反転

優れた互換性

Surferでは様々な形式のソースファイルに対応しているので、シームレスにデータを可視化、分析できます。SHP、DXF、XLSXといったデータのインポートを行えるほか、様々なエクスポート形式にも対応しています。

対応しているファイル形式はこちら>>

マップのエクスポート

Surferで作成したモデルは、様々なファイル形式でエクスポートできます。例えば、出版用としてPDFやTIFなど高品質なフォーマットにエクスポートしたり、オンラインで共有するためにPNGやJPGとしてエクスポートできます。さらに、Microsoft Word や PowerPointといったプレゼンテーションツールにモデルをコピー&ペーストできます。

使いやすいインターフェース

Surferのインターフェースはとても使いやすく、初めて使用する方でもわかりやすいように整備されています。

  • 1つのウィンドウ内でデータやマップを表示、編集、操作
  • マップやモデルのレイヤを簡単に管理するObject Manager
  • 素早い編集が可能なProperty Manager
  • ローデータを素早く表示、編集するワークシートウィンドウ
  • 全てのマネージャをドッキングまたはフローティング
  • ツールバーのカスタマイズ
  • 初めにウェルカムダイアログを表示
  • ユーザの必要に応じてユーザインターフェースをカスタマイズ

自動化による作業の効率化

繰り返し処理を自動化するスクリプトを作成して、効率化を図れます。SurferはC++、Python、Perlといったプログラミング言語から呼び出すことができます。また、SurferにはVisual Basic互換のスクリプトツールであるScripterという機能があります。

Surferによる自動化のナレッジベース(Golden Software社)


 

動作環境

Surferの最低動作環境は以下の通りです。

  • OS:Windows Vista, 7, 8 (RTを除く), 10 以降 (32bit, 64bit)
  • メモリ:512 MB以上
  • ハードディスク空き容量:500MB
  • 解像度:1024 X 768、16-bit 色以上