StataCorp LP公認 日本語マニュアル

Stata社(StataCorp LP)著作物ロゴ

Stata社(StataCorp LP)の正式なマニュアルや書籍には左のロゴが必ず付いています。ロゴがあることをご確認のうえ、各マニュアルや書籍をご利用ください。

Stataのマニュアルの一部を日本語化して提供しています。
この日本語マニュアルは開発元StataCorp LP公認です。以下のリンク先から登録すると、日本語マニュアルのダウンロードURLを記載した案内メールが送信されます。

尚、当社オリジナルの日本語解説書「Stata活用ガイドブック」についてはこちらをクリックしてください

「Stata日本語マニュアル」ダウンロードのお申し込み

ダウンロード可能なマニュアル

Stata14

  • 「Stata14 User's Guide」日本語マニュアル -目次-
  • 「Stata14 Getting Started with Stata for Windows」 日本語マニュアル -目次-
  • 「Stata14 Getting Started with Stata for Mac」日本語マニュアル -目次-
  • 「Stata14 Getting Started with Stata for UNIX」 日本語マニュアル -目次-

Stata13

  • 「Stata13 User's Guide」日本語マニュアル -目次-
  • 「Stata13 Getting Started with Stata for Windows」 日本語マニュアル -目次-
  • 「Stata13 Getting Started with Stata for Mac」日本語マニュアル -目次-

Stata12

  • 「Stata12 Getting Started with Stata for Windows」日本語マニュアル

マニュアルの目次

「Stata14 User's Guide」日本語マニュアル目次

Stata の基本

  1. 便利な情報-まずはご一読ください
  2. Stata の簡単な紹介
  3. Stata を学び、使用する際のリソース
  4. Stata のヘルプと検索機能
  5. Stata の種類
  6. メモリの管理
  7. more
  8. エラーメッセージとリターンコード
  9. Break
  10. キー キーボードの使用

Stata の個別機能

  1. 言語構文
  2. データ
  3. 関数と計算式の入力
  4. 行列の表現
  5. 出力を保存し印刷する―ログファイル
  6. ddo ファイル
  7. ado ファイル
  8. Stata のプログラミング
  9. 直接入力コマンド
  10. 推定と推定後のコマンド

データ処理

  1. データの入力とインポート
  2. データセットを組み合わせる
  3. 文字列の操作
  4. 日付と時間の設定
  5. カテゴリカルデータと因子変数の操作
  6. 推定コマンドの概要
  7. 便利なコマンド
  8. インターネットによるプログラムの更新
  • 索引と著者索引

 

「Stata14 Getting Started with Stata for Windows」
「Stata14 Getting Started with Stata for Mac」
「Stata14 Getting Started with Stata for UNIX」
日本語マニュアル目次
  1. Stataの紹介―サンプルセッション
  2. Stataのユーザインターフェイス
  3. ビューワを使う
  4. ヘルプ・ヒントを見つける
  5. Stataのデータセットを開く・保存する
  6. データエディタを使用する
  7. 変数マネージャを使用する
  8. データをインポートする
  9. データのラベリング
  10. データのリストと基本コマンドの構文
  11. 新しい変数を作成する
  12. 変数やデータを削除する
  13. doファイルエディタを使用する — Stataの自動化
  14. データを作図する
  15. グラフを編集する
  16. ログを使い結果の保存や印刷を行う
  17. ウィンドウやフォントの設定をする
  18. Stataについて詳しく学ぶ
  19. Stataのアップデートと拡張―インターネットでの機能
  1. Stataのトラブルシューティング
  2. 上級者向けStataの使用法
  3. Windows版/Mac版/UNIX版 Stataについて - 追加要素
  • 項目索引

 


「Stata13 User's Guide」日本語マニュアル目次

Stata の基本

  1. 便利な情報-まずはこちらをご一読ください
  2. Stata の簡単な紹介
  3. Stata を学び、使用する際のリソース
  4. Stata のヘルプと検索機能
  5. Stata の種類
  6. メモリの管理
  7. more
  8. エラーメッセージとリターンコード
  9. Break キー
  10. キーボードの使用

Stata の個別機能

  1. 言語構文
  2. データ
  3. 関数と計算式の入力
  4. 行列の表現
  5. 出力を保存し印刷する―ログファイル
  6. Do ファイル
  7. Ado ファイル
  8. Stata のプログラミング
  9. 直接入力コマンド
  10. 推定と推定後のコマンド

データ処理

  1. データの入力とインポート
  2. データセットを組み合わせる
  3. 文字列の操作
  4. 日付と時間の設定
  5. カテゴリカルデータと因子変数の操作
  6. 推定コマンドの概要
  7. 便利なコマンド
  8. インターネットによるプログラムの更新
  • 項目索引

 

「Stata13 Getting Started with Stata for Windows」
「Stata13 Getting Started with Stata for Mac」
日本語マニュアル目次
  1. Stataの紹介 - サンプルセッション
  2. Stataのユーザインターフェイス
  3. Viewerを使う
  4. ヘルプ・ヒントを見つける
  5. Stataのデータセットを開く・保存する
  6. Data Editorを使用する
  7. Variables Managerを使用する
  8. データをインポートする
  9. データのラべリング
  10. データのリストと基本コマンドの構文
  11. 新しい変数を作成する
  12. 変数やデータを削除する
  13. Do-file Editorを使用する - Stataの自動化
  14. データを作図する
  15. グラフを編集する
  16. ログを使い結果の保存や印刷を行う
  17. ウィンドウやフォントを設定する
  18. Stataについて詳しく学ぶ
  19. Stataのアップデートと拡張 - インターネットでの機能
  1. Stataのトラブルシューティング
  2. 上級者向けStataの使用法
  3. Windows版/Mac版Stataについて - 追加要素
  • 項目索引