物質移流拡散モデル

MODPATH

MT3DMS

PHT3D

MODPATHは、MODFLOWと組み合わせて使用する粒子追跡コードです。MODFLOWシミュレーションを実行した後、組の粒子位置を指定できます。MODFLOWで計算した流れ場に基づいて、粒子は移流によって輸送されると仮定し、時間経過とともに追跡します。

MT3DMSは、地下水の溶解成分の移流、拡散、化学反応のシミュレーションのためのモジュラー3次元輸送モデルです。MT3DMSでは、MODFLOWで使う構成に似たモジュラーを使用しています。

PHT3Dは、飽和多孔質媒体中の三次元反応性輸送のための多成分輸送モデルです。

PHT3Dは、MT3DMSとPHREEQC-2の組み合わせから成っています。PHREEQCコンポーネントは、様々な低温水での化学反応をシミュレーションできます。

SEAWAT

RT3D

SEAM3D

SEAWATは、MODFLOWとMT3DMSに基づいてUSGSによって開発された3次元可変密度地下水流と輸送モデルです。SEAWAT v4は、MODFLOW 2000とMT3DMS 5.2に基づいています。SEAWATには、可変密度フロー(VDF)と粘度(VSC)の2つの追加パッケージがあります。

RT3DはBattelle Pacific Northwest National Laboratoryが開発した多種の反応性輸送モデルです。RT3Dは、代替化学反応パッケージを使用するMT3DMSの改良版です。

SEAM3Dは、複数の基板と複数電子アクセプタを含む複雑な生分解問題のシミュレーションに使用される反応輸送モデルです。これはMT3DMSコードに基づいています。