ショートコースライセンス

Stata を用いた短期間のセミナーやチュートリアルなどをおこなう主催者の皆様には、Stata社(StataCorp LLC)が期限付きの無料ライセンスの提供をおこなっています。
ご利用に当たっては、Stata社への申請が必要です。

特徴

  • ライセンスの有効期間は約30日間です。基本的にセミナー開催日の前後2週間が有効になりますが、開始日や期間など、ある程度の融通が利きます。
  • 料金は無料です。セミナー参加者から料金を徴収する場合も無料です。
  • ご希望により Stata 社ホームページに開催予定を掲載できます。(英語表記のみです)
    rtriangle Stata 社ホームページはこちら
  • 大学の講義等、単位の取得が可能なものについては対象外となります。

必要になる情報

  • コース名(Name of course)
  • 開催場所(Location of course)
  • 開催日時(Dates of course)
  • 講師氏名(Course instructor's name)
  • 受講者数(Number of attendees)
  • Flavor(Flavor)※次から選択します:
    IC / SE / MP(2-core) / MP(4-core) / MP(6-core) / MP(8-core) / MP(12-core) / MP(16-core) / MP(24-core) / MP(32-core) / MP(64-core)
  • DVD 版かダウンロード版か
    ※インストールDVD、またはダウンロードによりインストーラソフトが提供されます。

その他留意すべき事柄

  • Stata のインストールする作業はセミナー主催者側での実施をお願いしております。1台ごとに作業すると、完了までにかなりの時間を要しますので、1台のマスターマシンから他のすべてのマシンへデータをコピーできるようにするなど、仕組みを用意することをお勧め致します。
  • Stata のインストール等、セットアップについては計画的にご実施ください。あまりにも早い時期に完了すると、Stata の不具合の修正等を含むアップデートがセミナー当日までの間にリリースされる可能性が高くなります。当日、受講者の中にアップデート適用の操作を行ってしまう方が現れる可能性もあり、冒頭で進行がもたつくことにつながりかねません。
  • インターネット接続がない環境でもStata は動作しますが、セミナーのなかでsearch、あるいはfinditnetsscなど、インターネットに接続するコマンドを使用する可能性があれば、インターネット環境を整えておくと安心です。