新しいデータ操作機能

R、Matlab®との連携が改善されました

RやMatlab®のプログラムコードをEViewsから実行することが可能です。これらのパッケージに搭載されている強力なプログラム言語を利用することで、現在までにEViewsに搭載されていない機能を作成・実行可能です。

EViews 10は連携を行うエンジンに多くの改善があります。

  • サードパーティ製品がインストールされていなくてもRと連携できるようになりました。
  • 新しいXON, XOFFコマンドにより、EViewsからの外部アプリケーションコマンドへのアクセスが早くなりました。
  • Rのファイル形式である、拡張子「.RDATA」でファイルを保存し、開くことができるようになりました。
  • ログウィンドウとの接続の改善。RやMatlabに対する直接のコンソールアクセスを提供します。

属性のインポート及びエクスポート

EViews 10では、Excel、テキスト、htmlファイルから、カスタム属性や変数のメタデータを自動読み込み/書き込みすることが可能です。

これらの自動ツールにより、以前より簡単にデータをEViewsにインポートできるようになりました。

世界銀行データ(World Bank data)

EViews 10では専用にカスタマイズされたインタフェースより、世界銀行データ(World Bank data)にアクセスすることが可能です。発展・開発に関する多くのデータセットが利用可能です。

それぞれのデータセットには、世界中の国々のいくつもの事項に関するデータが含まれます。EViewsでは必要なデータをトピック別、国別にブラウズすることや、検索することが可能です。

World Bank Databases

国際連合データ(United Nations data)

世界銀行データと同様に、EViews 10では国際連合の幅広いデータに対してもインタフェースによるアクセスが可能になりました。

United Nations data

ユーロスタットデータ(Eurostat data)

EViews 10ではユーロスタットデータベース(Eurostata database)に対するカスタマイズされたインタフェースが提供されます。インタフェースには、ユーロスタットの高品質なヨーロッパのデータをナビゲートし、引き出すためのブラウザが含まれます。

欧州中央銀行データ(European Central Bank data)

欧州中央銀行 (ECB)のデータベースに対してもアクセスが可能になりました。

ECBData data

Tableau®との連携

EViews 10では、ワークファイルページ内のシリーズオブジェクトをTableauデータ抽出ファイル形式(.tde)で保存できるようになりました。TDEファイルはTableau Desktopで利用したり、Tableau Serverにエクスポートすることが可能です。

Tableau Saving

JSON形式での保存

EViews 10ではワークファイルをJSON形式で保存することが可能になりました。これにより、ウェブアプリケーションを含む、多くのアプリケーションからデータにアクセスすることが可能になります。