RATS ベンチマークの結果

NISTのStatistics Reference Database(StRD)ベンチマークには統計関連ソフトウェアの計算精度を検証するためのテストプログラム、データセットが一式含まれています。詳細については NIST StRD Information(英文)をご参照ください。

線形回帰と非線形回帰のデータセットにRATSを適用したときの結果を以下に示します。

線形回帰ベンチマーク

これらのベンチマークは計算の難易度の異なる種々の問題を用いて線形回帰に関する演算能力をテストするものです。

RATSによる実行結果についてはNIST線形回帰結果(英文)のページをご参照ください。

線形回帰用ベンチマークの詳細については次のページをご参照ください。
線形回帰: データセット(英文)
線形回帰: 背景情報(英文)

非線形回帰ベンチマーク

非線形回帰ベンチマークは非線形推定アルゴリズムの質と演算精度を検証するものです。各プログラムに対し3種類の初期条件のもとで推定が実行されます。第1のセットでは現実の値からかけ離れた初期値が設定されるため、推定はより困難なものとなります。第2のセットでは現実の値により近い初期値が与えられます。第3のセットでは最終の推定結果から推定が開始されます(既に最大値にあることをアルゴリズムが認識できるかどうかをテストします)。

RATSによる実行結果についてはNIST非線形回帰結果(英文)のページをご参照ください。

非線形回帰用ベンチマークの詳細については次のページをご参照ください。
非線形回帰: データセット(英文)
非線形回帰: 背景情報(英文)

検証プロセスについて

  • テストにはWinRATSバージョン7.00(32ビットアプリケーション)が使用されています。プラットフォームはHP(AMD Athlon 3800+ 64-bit processor)でOSはWindows XP64です。
  • プログラム、データファイル、出力ファイルは次のZipファイルに収容されています。