Match! に付属する無料の粉末回折パターンデータベース

Match!には、相同定やデータベース検索に利用できる、無料のリファレンスパターンのデータベースが付属します。このデータベースは、インターネット上にある無料で利用できる結晶構造データから計算されたリファレンスパターンです。このリファレンスデータベースはCOD (Crystallography Open Database) のデータです。

Match!では、2つの無料のリファレンスパターンのデータベースを利用できます。1つはCODからのデータすべてを含むデータベースで、約31万件のデータが登録されています。もう1つはCODの無機化合物(C-H結合が存在しないデータ)のみのデータベースで、約4万件のデータが登録されています。どちらもダウンロードし、Match!にインストールすることができます。

 リファレンスパターンのダウンロード

下記のアップデート情報のWebページから、いますぐにリファレンスパターンのデータベースをダウンロードできます。

Match!、無償のリファレンスパターンのアップデート方法

インストール方法

  1.  リファレンスパターンのデータベースをダウンロードし、ZIPファイルを解凍します。
    ※Match! をインストールしたフォルダ内にサブフォルダ、例えば「C:\Program Files (x86)\Match3\RefDB」などを作成し、すべてのファイルを展開します。日本語のファイル名にするとうまくいかないことがありますので、フォルダ名は半角英数字で作成してください。
  2. さらにMatch!にデータベースを登録する必要があります。Match!を起動し、Match!の「Tool」メニューから「Select Reference Database」を選びます。
  3. Reference Database Libraryが開きます。「Add」ボタンをクリックします。手順1で作成したフォルダを選び、その中にあるファイル「MatchRefDBInfo.mtn」を選び、「Open」ボタンをクリックします。選んだデータベースが、データベースのリストに追加されます。
  4. Reference Database Libraryで使いたいデータベースを選択して「Select」ボタンをクリックすると、データベースを切り替えられます。「Quit」ボタンで設定を抜けると、以後の検索にこのデータベースが利用できるようになります。

無料のデータベースの評価について

Match!の開発元のCrystal Impact社では、Match! に付属する無料の粉末回折パターンデータベースの質を評価するために、いくつかのテストを行いました。

そのテストによると、ICDDのPDFデータベースを使った場合と比べ、Match!に付属するCODの無料のデータベースを利用した場合には、パフォーマンスに若干の違いがありました。

鉱物データについてのテストでは、無料のデータベースの結果は一般的にとても良好でした。ほとんどのケースで、正しい相が同定されましたが、ごく少ないいくつかのサンプルについて、主相が判別されませんでした。これは、対応するリファレンスパターンが現在のCODのデータベースに存在しないためでした。ICDD PDF-2 Release 2007を使った場合は、テストを行ったすべての相同定について問題ありませんでした。

関連リンク

Match! の粉末回折パターンデータベースについての関連情報

Match!のトップページに戻る


Crystal Impact社製品の体験版 (試用版)をお試しください!
Crystal Impact社製品体験版

Diamond、Endeavour、Match! の体験版(試用版)を今すぐダウンロードしてお試しいただくことができます! ほとんど機能制限なく、Crystal Impact社の製品をお試しいただけます。ご希望の方は、Crystal Impact社製品の体験版 (試用版)をお試しください!