Match! のおもな機能

Match! は、簡単に粉末回折データから結晶の相同定を行えるソフトウェアです。試料の中に存在する結晶相を同定するために、実験で得られた試料の粉末回折パターンとリファレンスパターンが含まれたデータベースを比較します。単相だけでなく、多相の場合も同定できます。ピークデータとraw (profile)データのどちらも利用できます。

Match! で強化された機能

  • Windows版のほか、Mac OS X版、Linux(PC用インテル32bit、64bit)版もリリース

    3つのOSのどれでもMatch!をネイティブに動作させることができます。もちろん、作成したドキュメントファイルを他のプラットフォームで使用することもできます。

  • 複数の回析パターンを表示、比較できます

    追加の回折パターンをインポートし、重ねて表示できます。この機能により、メインの実験パターンと比較できます。

  • 直接、特定の相やエントリを見ることができます

    サンプル内に特定の相があると分かっていたり、いくつかの化合物の回析パターンと実験で得られた回折パターンを比較をしたい場合、新バージョンではその操作を簡単に行えます。

  • 追加情報による結果の絞り込みが簡単に実行できます

    サンプルについての追加情報、例えば含まれる原子や含まれてはいけない原子の情報、密度の情報等を、今までのバージョンよりも簡単に設定できます。

  • 選択項目の保存

    条件に合う選択基準(例えば、元素や密度など)を入力した後に、名前を付けて保存できます。保存後はわずか2クリックで再び呼び出すことができます。

  • バックグラウンドの定義を快適に実行可能

    自動で算出されるバックグラウンドの曲線について、コントロールポイントをマウスでシフトさせたり消去することができます。バックグラウンドを生データに対応して定義する際に行うことができます。

  • ズーム機能の強化

    バージョン2では、強度(intensity)の軸(縦軸)に対してもズームできるようになりました。さらに、マウスのホイールを使えば、ズームしたいエリアを簡単に拡大できます。

  • バッチ処理と自動化

    初心者でも熟練者でも、好みやレベルに合わせて設定できます。スキルレベルを調整すると、各ステップで細部までコントロールするレベルからMatch!に自動的に解析させるレベルまで、さまざまなレベルを選ぶことができます。

  • FullProfを使用するリートベルト精密化(Rietveld refinement)(バージョン2.1.0で実装されました!)

    わずか2回のマウスクリックでデータ(例えば、相同定の結果)をFullProfソフトへ簡単に転送し、リートベルト精密化を実行できます。
    (動画チュートリアル(YouTube)で具体的な操作をご覧いただけます)
    ※FullProfはFullProfの開発元のWebサイトから、別途ダウンロード、インストールしてください。

  • TreorやDicvolを使用する指数付け (単位格子の決定)(バージョン3.5.0で実装されました!)

    指数付けは、Endeavourのようなソフトウェアを使い粉末回折のデータから結晶構造を解くために必須のステップです。非常にたくさんの指数付けプログラムがありますが、Match!は、そのなかでももっとも著名な2つのプログラムTreor90とDicvol06を使用して指数付けを行うことができます。

Match! の機能一覧

他の機能には次のようなものがあります。

  • 粉末回析データから単相、多相の同定をすばやく行えます。
  • COD(I/Ic を含む)から計算された無料のリファレンスパターン、ICDDのPDFデータベース、ICSD/Retrieve(リリース1993~2002までのバージョンで、有効なライセンスが必要です。ICSDの現在のバージョンは、法的な問題から一括インポートの機能には対応していません)、あるいはご自身の回析データ(または結晶構造データから算出されたパターン(CIFファイル))を相同定に利用できます。
  • リファレンスデータベース(ユーザ作成データベースを含む)は臨機応変に扱えます。新たなデータベースのインデキシングの必要もなく、簡単に別のデータベースに切り替えることができます。
  • X線回析または中性子回析のデータベースをCIFファイル等から作成できます。
  • データベースマネージャにより、ユーザデータベースを簡単かつ快適にメンテナンスできます。(エントリの追加、インポート、編集、削除、ソートが可能)
  • 強力なCIFおよびICSD/Retrieveファイルのインポート機能を搭載しています。粉末パターン、I/Ic、密度も計算できます。
  • 原子座標を利用できます。例えば、データシートの中にICSD、ICDD PDF-4+または無料のリファレンスデータを表示したり、リートベルト解析のためにCIFファイルやテキストファイルへのエクスポート等を行えます。
  • 入力データシートや回析パターンにミラー指数(hkl)を表示できます。
  • ユーザ自身の回折データとPDFデータを統合した形で扱えます。(サーチマッチ、検索、データ参照について)
  • 特定できた相について、自動残差検索を行えます。
  • 生データを自動的に処理します。(Kα2線の除去、バックグラウンドの除去、ピーク検索、プロファイルフィッティング、エラー訂正)
  • ピーク検索の感度を自動的に最適化します。
  • エクスポートしたプロファイルデータに、粉末回折データのすべてまたは選択したピークデータのパラメータをフィットできます。
  • マウスやキーボードを使い、ピークの編集(追加、移動、削除、フィット)を手動で快適に行えます。
  • 半定量的分析(Reference Intensity Ratio method)が可能です。
  • 補足的な知識(構成、PDFサブファイル、結晶のデータ、色、密度など)を簡単に使用できます。
  • PDF、COD、ユーザ作成データベースの検索システムとビューワが統合されています。
  • 複数回のアンドゥ/リドゥ操作ができます。
  • ユーザ設定可能な解析の自動化機能があります。
  • サーチマッチの過程で自動的にd値を変化させることができます。(オプション)
  • 強度の性能指数(FOM)への貢献度は定向性に応じて少なくできます。
  • ピークデータと候補のパターンを、表と図の両方で快適に比較できます。
  • ユーザ設定でレポートの出力ファイル(HTML、PDF、テキストファイル)を選ぶことができます。
  • オンラインアップデート(自動と手動の両方)を行えます。

利用可能な回折データのファイル形式

利用可能な回析データファイル形式は次の通りです。(自動検出)

  • ASCII profile (start, step, intensities or 2 columns)
  • Bruker/Siemens raw data (old and new) (*.raw)
  • Bruker/Siemens DIFFRAC AT peak data (*.dif)
  • DBWS (*.rfl, *.dat)
  • ENDEAVOUR peak list (2 columns: 2theta/d intensity; *.dif)
  • Inel raw data (*.dat)
  • Ital Structures raw data (*.esg)
  • Jade/MDI/SCINTAG raw data (*.mdi)
  • JEOL ASCII Export raw data (*.txt)
  • PANalytical XRDML Scan raw data (*.xrdml)
  • PANalytical/Philips peak data (*.udi)
  • PANalytical/Philips raw data (*.rd, *.udf)
  • Rigaku raw data (*.raw)
  • SCINTAG raw data (*.raw, *.rd)
  • Shimadzu raw data (*.raw)
  • Siemens (*.uxd)
  • Sietronics XRD scan data (*.cpi)
  • Stoe raw data (*.raw)
  • Stoe peak data (*.pks)
Crystal Impact社製品の体験版 (試用版)をお試しください!
Crystal Impact社製品体験版

Diamond、Endeavour、Match! の体験版(試用版)を今すぐダウンロードしてお試しいただくことができます! ほとんど機能制限なく、Crystal Impact社の製品をお試しいただけます。ご希望の方は、Crystal Impact社製品の体験版 (試用版)をお試しください!